痛みの少ないエステも

もちろん、痩身エステがなぜ痛いのか、ということを考えれば痛みの少ないエステも存在します。特に、エステティシャンが力を籠めすぎて施術をしているような場合ならば、エステティシャンを変えてもらうか、同じ人であってももうちょっと力を緩めて欲しいと言えば、痛みを軽減させることができるでしょう。

ただ、ある程度の痛みは我慢をした方がいいとされています。痛みを感じるだけ効果が現れているのは間違いのないことですから、痛いけれども気持ちよさも感じることができる、程度の痛みであれば我慢をしておいた方がいいでしょう。もしも、それ以上に痛みを感じるのであれば、マッサージの力を弱めてもらうように言った方がいいでしょう。

セルライト除去においては、痛みを感じないということは殆どあり得ません。それほどまでに、セルライトの除去は難しい物だと考えれば納得してもらえるかと思います。その中で大切なのは、この痛みが過剰なものなのではないか、と考えることです。ちょっと強すぎると感じれば、恥ずかしいかもしれませんが、痛みを和らげてもらうように言いましょう。多少痛い位が一番効率的だとも言えますので、それぐらいにしてもらった方がベストだと思います。

電気を流すタイプ

セルライトを除去するための施術方法として、電流を流すことによってセルライトを除去させる施術方法があります。電流を流すものですから、こちらもそれなりに痛みを感じる施術方法です。しかし、その効果は比較的現れ易くなっています。というのも、その他のセルライトの除去方法では、マッサージなどによってセルライトを柔らかくして落としやすくするというのが主な効果の出し方です。

しかし、電流を流す場合はセルライトが含んでいる水分を排出させるために、筋肉を直接刺激しているのです。そのために、電流を流した部分の辺りの筋肉が自然とセルライトを減らしてくれて、部分的にセルライトを減らすことができるのです。もちろん、効率もこちらの方が高く、どうしても痩せたい部分があって、そこにセルライトが集中しているのならば、こちらの電流を流すセルライト除去はおすすめの方法だと言えるでしょう。

ただ、こちらの場合は体質的に合わない人もいるかと思いますので、施術をする前には必ず相談をしておくように注意しましょう。もしも。こちらよりもマッサージの方がいいと言われたら、そちらを選ぶことも視野に入れておくようにした方がいいと思います。あまり一つの方法に拘り過ぎないように注意しましょう。

セルライト除去の痛み

セルライト除去にはほとんどの場合に痛みを生じてしまいます。その理由としては二つ考えられます。

まず、第一の理由として言えるのが、セルライトが硬く固まってしまっているから、というものです。そもそもセルライト自体が固まり易いもので、そのせいでなかなか落とすことができなくなってしまうのですが、セルライトを除去するためには、そのセルライトを柔らかくしなくてはならないのです。もちろん、それはマッサージであっても、それ以外のマシーンであっても行うことは同じです。そして、その硬くなったセルライトを柔らかくするためには、かなりの力を使って揉み解さなくてはならず、そのために痛みを感じてしまうということが多いようです。

そして、もう一つの理由が、エステティシャンの力の入れ過ぎが考えられます。痛みを感じるとしても、あまりにも痛すぎるということはそうそうありません。よっぽど放置されたセルライトなのか、毛細血管が細すぎるかでなければ、それほど強い痛みを感じることはないのです。ただ、それ以外の場合でもかなり痛みを感じるときは、エステティシャンの方が力を籠めてマッサージをしているために痛くなっているのだとしか考えられません。

痩身エステは痛い?

痩身エステを利用した人達の声として、エステを施術してもらっている際に、痛みを感じることがあるということです。一般的にエステはマッサージとして行われるものですから、気持ちよくてついついうとうとしてしまうようなイメージを浮かべるかもしれません。もちろん、中にはそれほどにまで気持ちの良いリラクゼーションエステもあるのですが、こと痩身エステに限った話をすると、痛みを生じてしまうような場合も十分に考えられるようです。

痩身エステの中でも痛みを生じるメニューはいくつかあるのですが、最も痛みを生じさせ易いと考えられているのは、セルライト除去のエステです。セルライト除去のエステで痛みを生じるのには、明確な理由がありますので、そちらを後程詳しく説明いたします。また、施術方法自体が痛みを生じる場合もあり、それが電流を流すことによってセルライトを除去するエステ方法です。

どちらにも共通することは、痛みを生じるだけにそれなりの効果が現れていると言うことです。もちろん、痛みを生じさせないようなエステもありますが、それとこれとでは少し理由が違うようです。その違いが一体なんなのか、ということもまた、今回説明します。

どちらにしても、あまりにも痛むような場合は、筋肉がこわばってしまってエステの効果をかなり軽減させてしまうものですので、施術をしてもらっている最中にかなり痛みを生じてしまう場合は、エステティシャンに正直に言って優しくして貰った方がいいでしょう。